松商学園 甲子園初戦突破の翌朝みつけたことば

2017

08.10

8月9日(水)高校野球長野県代表の松商学園が甲子園1回戦を突破しました。30数回甲子園に出場しているにも関わらず、1回戦突破は17年ぶりとかで地元 松本は盛り上がったようです。

駅前では、新聞の号外が配られたり、井上デパート(地元唯一のデパート)では、紅白まんじゅうが150セット配られたそうです。

翌朝、松商学園の横をウォーキングする機会がありましたので、どうなっているのかなと見て回りました。松商学園の横を流れる薄川(すすきがわ)では、10日は花火大会があるので、早速場所取りしている人もいました。

松商学園の野球部の皆さんがふだん練習している運動場が見えました。昨日は学校中で盛り上がったことでしょう。さすが古豪の野球場は整備が完ぺきです。人っ子一人いません。そうです、今は早朝の6時ですから。

おや、バックネットになにか白い懸垂幕が垂れ下がっています。

もう少し近づいて見ましょう。

なになに・・・・

「知は現場にあり」

うん、唸ってしまった。運動部(いや野球部)らしからぬ、ことば。知は現場にあり。この言葉にいつも見つめられながら、松商学園の野球部員はいつも練習していたのか?

「知は現場にあり」

いい言葉ですね。当社の事業にも役立ちそうです。はっっと、思い起こさせてくれました。松商学園、ありがとう!17年ぶりの初戦突破、本当におめでとう!2回戦もがんばってください。知は現場にあり、だよね。

薄川にかかる橋の欄干には、男女睦まじい道祖神がありました。今晩の花火大会も盛大におこなわれることでしょう。

 

 

ページ上部へ戻る