すまいポート21松本オープニングパーティへご参加ありがとうございました。

2017

02.15

去る1月21日(土)、まかせて松本に併設しているスペースに、すまいポート21松本店がオープンしました。前日の20日は、関係者の皆さまをご招待してオープニングパーティを開催することができました。約70名の方々にご参加いただき、大盛況でした。きれいなお花もいただきました。ありがとうございました。

  

  

  

パーティ当日は、なんと屋台も繰り出しました。牛串、クレープ、五平もち、お寿司(職人がその場で握る)、生ジュースなど、瞬く間に売り切れていました。

  

ポスティング会社である当社が、なぜすまいポート21のような住宅購入相談所を運営しているのか?とよく聞かれますが、実は非常に関係のあるビジネスです。そのあたりをパーティのあいさつで述べさせてもらいました。

当社においては、3年前にまかせて飯田に併設してすまいポート21飯田をオープンさせました。したがって、松本店は長野県内2店舗目になります。この間、接客技術を磨き、建築会社様、リフォーム会社様、外構会社様、建築士・ファイナンシャルプランナー様などの専門家の皆さまのとの関係づくりにも力を入れてきました。そして、何より家を建てられたり、リフォーム・外構されるお施主様に本当に喜んでいただけるサービス(ビジネスモデル)と確信し、松本店オープンにこぎつけることができました。

今後、松本平の皆さまにいままでになかった新しいサービスを提供していきたいと思います。

 

さて、オープニングパーティの途中で、店内の壁に掛けられた絵画の除幕式がありました。たたみ2畳ほどにもなるこんな絵画です。

極彩色のアクリル絵の具を使った、曼荼羅のような絵画です。この絵を描いたのは、当社まかせて松本で日々チラシをポスティングしてくれている画家Aくんです。昨年の8月頃に、私が配布から帰ってきた彼を捕まえて、すまいポートという新しい店舗を開くので店内に飾る絵を描いてくれないか?と依頼しました。こちらから趣旨をお話しして、快諾してもらいました。

それから3ケ月後、昨年の11月になってAくんから「絵が完成しましたので観てください」と言われました。私はすぐに観たかったのですが、ぐっとこらえて、1月のオープニングパーティにお披露目するからそれまでは、我慢する、と答えていました。本当は、早く観たかったのですが…、したがって、ある意味パーティの日を一番楽しみにしていたのは、何を隠そうかくいう私でした。

当日、Aくんは、招待客の前で除幕して、堂々とあいさつをして、この絵の意味するところを説明してくれました。この絵は、お父さん、お母さん、お子さんというファミリーを意味しているそうです。まさにこれから家を建てようとするみなさんを呼び込む、最適な絵画でした。

わたしも正直ほっとしました。Aくんの本物の絵を見たのは初めてだったからです。彼を信じて絵を描いてもらってよかったと思いました。みなさん、まだ若い画家Aくんの絵を見学にぜひ、すまいポート21松本へお越しください。お待ちしております。

 

 

 

 

ページ上部へ戻る