必読!泣ける話し…白河市のポスティング!|白河市に拠点があるポスティング会社は我々だけです!福島県白河市・西郷村のポスティング

2020

12.17

福島県白河市・西郷村のポスティング、チラシ制作から印刷まで、宣伝広告は地元に拠点がある「まかせて白河」にお任せください!

で毎度おなじみの まかせて白河 新矢です。

こんにちは

年末が近づくと採用・求人チラシのポスティングが増えてくる傾向にあります。来年に向けて採用活動が活発になるのでしょう。

さて、今回はまかせて白河の活動についてご報告します。

まずは防犯活動をご紹介します

オリジナル防犯腕章!

まかせて白河では、このように防犯腕章をしながらポスティングしております。

ポスティングしながらパトロール、略して「ポスパト」もしくは「パトポス」

村松社長が欲しがりそうなネーミング♪ 先に商標権をとっておかねば

ポスティングをしながら、街のお役にたてるのであればなんでもやりたいんです。

実際に、ポスティング中に心筋梗塞で倒れたおばあちゃんを助けたり、ひったくり事件にあった少年を保護したり、少しは街のお役にたてているかもしれません。

始めたきっかけは、こちらをごらんください → なぜ防犯活動??

上記ブログには続きがありまして・・・

少年を保護しぃ

事情を聴きぃ

警察を呼びぃ

遠目で見ていた人たちが駆け寄ってきたので、犯人の服装など伝えぇ

犯人を追いかける指示をしぃ(ここ大事です。指示された人は印刷会社のイケメン若社長)

パトカー1~2台くらいかと思ったら、8台も来てビックリしぃ

そのパトカー8台に、ドラマのように私が取り囲まれぇ

まるで犯人かのように2時間の事情聴取を受けぇ

少年の母が到着しぃ

少年は安心し、さらに号泣しぃ

母も号泣しぃ

私もホッとしぃ

警察官が母親に「今まで保護してくれたのはあちらの方です」と伝えぇ

母親、私に近づいてきぃ

私、「いやいや、当然の事をしたまでですよ」と言う準備をしぃ

??
母親の目線が私ではないことに気づきぃ

私、おかしいな??と気づきぃ

母親、隣にいた印刷会社の若社長の前に立ちぃ(12行前で犯人を追いかける指示をされた若いイケメン社長)

母親「この度は息子がお世話になりました。本当にありがとうございました」とおっしゃりぃ

若社長「いやいや、当然の事をしたまでです」とおっしゃりぃ

私はただ、ただただ冬の枯れ木のように立ち尽くすだけ

その時なぜこんな事になったか考察してみました

 
その時の・・・ 新矢 若社長
ルックス チリチリ髪で眼鏡の40代 ワックスビシッインテリ30代
服装 動きやすいカジュアル スリーピースの細身のスーツ
折り畳み自転車 BMW

 

そう、人は見た目で判断するんです。

そう、人は見た目で判断するんです。

晩酌など一切した事がない私も、その日はなんだかお酒が飲みたくなりました。

その日からジャケット、シャツ、スラックス、革靴でポスティングしている事はお察しください。

はいっ!

それではね、気を取り直していきましょうーー!!

今週もスタッフさんから心温まる差し入れを頂きました!!!!

本当に泣けてくる…

 

福島県白河市・西郷村の宣伝広告、チラシ制作、ポスティングは
「まかせて白河」へ

【お問い合わせ先】
福島県白河市新蔵町33-1  TEL:024-954-6986

もしくは下記メールフォームからお願いします。

ページ上部へ戻る