カテゴリー別アーカイブ: 社長ブログ

2017

12.04

私は、サラリーマン時代、横浜で約10年間働いていました。孤独な独身時代を経て、バブルがはじけたころに結婚して子育てしていました。その後、長野県松本市で創業して、約10年ほどは余裕がなく、横浜に行くことはなかったのですが、サラリーマン時代の同僚の死により、横浜の地を再び踏むことになりました。

不思議な縁です。いまでも、年に何回かは、横浜へ行く用事がありますが、必ず、同僚のお墓参りを兼ねていくことにしています。同僚は、横浜のある主要駅から徒歩3分の霊廟ビルの中のお墓に眠っています。参拝料を支払ってボタンを押すと、自動エレベーターにのって、遺影が現れるという、現代的なお墓です。

さて、今回の横浜行きの前に、山梨県韮崎駅でこんな風景を見ました。

白鷺がショッピングセンターの上に、行儀よく止まって羽を休めています。不思議なことにほぼ、等間隔ですね。行儀がいいですね。

 

横浜に着いて、山下公園を散策しました。私が20代に飛び込み営業しながら、時々?休んでいたベンチもありました。ふと海辺をみると、こんな風景に出会いました。

かもめが、これまたほぼ等間隔で氷川丸の錨のくさりの上に止まっていました。

よく京都嵐山の鴨川河川敷や、横浜みなとみらいの防波堤に、夜になるとカップルが自然に等間隔に座るというようなことが話題になります。人間や鳥は、本能的に等間隔に同じような行動をとってしまうのでしょうね。

私は、横浜でのサラリーマン時代3回ほど引っ越ししました。結婚して初めて住んだアパートは、相鉄線沿線にありました。今回、久しぶりに相鉄線に乗りました。懐かしいです。

懐かしい電車です。毎日、通勤していた電車です。

何か変!

つり革が・・・・

ひとつだけ、違う。猫耳カチューシャのようなつり革・・・・。

突然の、和を乱すこの不協和音。しかし、なぜか、上等なセンスと遊び心を感じるこの異質な空間。私は、電車を降りてから、ほかの車両でも同じ位置にこのつり革があるのかと、思いましたが、他の車両にはあったり、なかったりと・・・猫耳カチューシャつり革の法則性を見つけることはできませんでした。

恐るべし、相鉄線のセンス。

こんな遊び心満載な街で、青春時代を過ごしたんだなと思ったら、楽しくなってきました。

同僚への墓参りのおかげです。

そういえば、こういうセンスや遊び心が大好きな奴だったなぁ。

2017

11.07

松阪牛で有名な、三重県松阪市へ行ってきました。日本ポスティング協同組合の経営者勉強会があったからです。初めていく街なので大変楽しみにしていました。

どんな街なんだろう、人々はどんな生活しているんだろう、どんな言葉(方言)をしゃべるのだろう、と新しい街に行くのは、いつもわくわくです。勉強会の前に、街を歩いてみました。

松阪商人という言葉もあるくらい、東西の商人が行きかう元気な街だったようです。三井財閥につながる三井家発祥の地だったんですね。趣のある建物が多い歴史のある街でした。 

生け垣がきれいに整備されている街並みです。松阪城という城跡がある城下町なのですね。御城番屋敷(重要文化財)という長屋がありました。長屋です。つまりポスティング会社的にいうと集合住宅です。

松阪城跡からみるとこんな感じです。

民間所有の重要文化財なのに、人の気配、普通に人が住んでいます。

一部屋だけが、松阪市が借りて内部を公開していました。時代劇にでてくるような土間や畳間がありました。管理人のおじさんに聞くと、「ここは、藩主直属の家臣20人の屋敷として文久3年(1863年)に建築されました。いまでもそのご子孫が住んで普通に日常生活を営んでいます。空き部屋になった数軒の部屋は、一般市民に貸し出しています。人気が高く何人も空くのを待っています。全国でも重要文化財に住めるのは、ここだけだと思いますよ。」

ということでした。確かに、生け垣の間には、赤いポストや自転車が見えて、こどもの笑い声も聞こえていました。

すぐに下世話なことが頭に浮かび、管理人のおじさんに聞きました。

「ちなみに、お家賃はいくらなんですか?」

管理人「いくらだとおもいますか?2部屋あって、トイレやキッチンは今風にリフォームされています。車1台分の駐車場もついています」

「う~ん、・・・」

「8万5千円くらい?」

管理人「おっと、いい線ですね。正解は8万円です」

重要文化財の管理人のおじさんとこんな会話ができて、大満足でした。そうか、8万円で重要文化財に住めるなんて、最高ですね。松阪のひと、うらやましい。

宅配便のくるまが、普通に重要文化財の前に停まって、配達していました。

こんな街並みでポスティングしてみたい!

 

2017

11.04

まかせてグループとしては、絶対に外してはいけない言葉「まかせて」、この言葉に出会うと本能的に反応してしまうのが、当社社員の性といえるのではないでしょうか?

ついにある地方都市で居酒屋「まかせ亭」を発見してしまいました。早速、当社社員を誘って飲みに行きました。昔なつかしい、焼き肉屋さんのようです。

 

普通の居酒屋ですが、どう見ても焼き肉屋さんです。よく、看板を見ると、焼肉居酒屋とあります。ありそうで、なかったカテゴリーです。ディープな感じです。

メニューを見ても、いたって普通です。特徴があまりありません。一人で切り盛りしているご主人に聞いてみました。このお店の名前の由来は?「メニューにないものでも、リクエストがあればつくりますよ、例えばピザほしいとあらかじめ言ってもらえれば、つくります。どんなものでもお任せくださいっていうような意味です。」へぇ~、いたって平凡、名前にもっと思い入れがあると思っていたのですが・・・。

美味しく焼き肉を食べて、帰路につきました。

外観はこんな感じ、いたって普通の【焼肉】居酒屋でした。

えっ、まかせ亭の「亭」に濁点「〃」がついているって?あっ、その意味を聞いてくるのを忘れていました。次回聞いてきます。

えっ、まかせ亭の「ま」の前になにかまだ文字が見え隠れしているって?多分、気のせいです。

2017

10.23

ある村をくるまで通り過ぎたとき、その風景に出会いました。田んぼの稲刈りはほとんど終わり、はざ掛けの美しい風景が途切れたときに、白いものが目に入ってきました。それも、とてつもなく数多く。

こんな感じです。はじめは、白鷺の大群がいるのかと思いました。

       

ヤギです。それも数十頭のヤギ、縄につながれていません。放牧状態です。みな、一斉にともかくひたすら草を食べています。どのヤギも休んではいません。ひたすら草を食んでいます。

この写真を撮った近くの食堂で、おばさんに聞いたところ、「あぁ、あれはヤギで雑草対策しているグループが持ち込んだのよ」「?」「持ち込んだ?」

夜には、車でヤギを集めて、小屋へ運ぶそうです。電気柵でまわりを囲んであるので、逃げ出さないということでした。

 

ポスティング中でしたら、チラシを隠すところですが、(どこかのブログでもありましたね)幸い、ポスティング中ではありませんでした。ポスティングの仕事の大敵は犬というのが定番ですが、農村地帯ではヤギが大敵になるかも知れません。

「気を付けよう、吠えるイヌと 食べるヤギ」

ポスティング川柳がひとつ出来上がりました。

 

 

2017

10.20

当社の事業に10数年来のおつきあいをいただいた方が、定年退職を迎えられたということで、お二人ご挨拶に見えました。

会社から感謝の意味を込めて花束を贈呈しました。

その後、一緒に昼食をとりながら、とりとめもないお話をしましたが、最後には家の周りの草刈りや除草剤の銘柄談議で盛り上がりました。「ラウンドアップは効きすぎる」とか、「ビーバーはストレス発散」とか、こういう話題で盛り上げる世代になりました。定年後の時間の過ごし方をいろいろと考えていらっしゃるようでした。もちろん、「当社に登録すれば、チラシ配布員できますよ」と宣伝しておきました。

当社の古い社員はみんな知っている、いざというトラブルの際に駆けつけてくれたお二人でした。もう定年を迎えられるお年だったのですね。本当に当社の発展のために、ご尽力いただきました。長い間、ありがとうございました。お仕事お疲れさまでした。

いままでは、会社の看板を背負ってのおつきあいでしたが、今後は、信頼できる個人と個人のおつきあいができるような気がして、「これからもお付き合いよろしく」とお伝えしました。

これからはゆっくりとご自身のために、お金と時間を使ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017

10.12

私は長年の習慣から、10月になるとワクワクすることがあります。それは、書店・文房具店に、来年の手帳が並ぶからです。「早く購入して、手帳をつくらなければ・・・」と思うからです。手帳を「つくる?」とは、どういうことでしょうか?

ちなみに今年の手帳の中身です。ほとんど手書きで細かな情報がびっしりと書かれています。

会社の経営に関わることがらをこの手帳1冊にほぼすべて手書きで書いていくのが、私の10月から12月の日課になっています。書き込むときのペンも、三菱えんぴつ製uniーballSIGNOの極細0.38mmのボールペンと決まっています。

いままでの売上と利益、誕生日などの情報、当社を支えてくれる取引先の情報など、ぱっと言えるように手帳に書いていきます。この際、必ず根拠となる元の情報を見ながら書くようにしています。毎年同じことを繰り返しています。

 

ここ最近の手帳を並べてみるとこんな感じです。

 

ついでですから、いままでの手帳をすべて出してみましょう。

壮観ですね。私が事業を始めてからのすべての歴史がここに詰まっています。何年の何月何日には、どこでなにをしていたかが振り返って分かります。たかが手帳ですが、このように続けることによって、経営感覚が研ぎ澄まされてくるような気がします。

ちなみに、1999年(創業2年目)の手帳を開けてみたら、まかせて松本、まかせて長野、まかせて甲府の求人チラシが出てきました。私が手配りしていたチラシです。なぜか、親せきからもらったお見舞い袋も出てきました。中身は抜かれていましたが…、なぜお見舞い?そういえば、入院したこともあったような・・・・

   

手帳を開けると、その当時の空気感にトリップできます。

さて、今年も3ケ月かけて、来年一年の経営がすべてわかる手帳づくりに励みます。そうです、ワクワクしています。この感覚、わかります?わからないでしょうねぇ。

 

2017

08.28

24時間テレビが終わると、今年の夏も終わりですね。今年の夏は、7月は猛暑、8月は長雨と不純な天気が続きました。

私の今年の夏は人生初の経験をしました。

まずは、地域の夏祭りに組合役員として参加しました。こんなに若い人たたちや子供たちがいるとは思いませんでした。大阪から、天童よしみ似の歌手がきて、盛り上げてくれました。(名前は忘れました)こんな田舎の夏祭りによくぞ来てくれました。ありがとう。

 

私の役割は、金魚すくい係り。生まれて初めて金魚すくいのおじさん係を仰せつかりました。子供が金券を持ってきたら、すくうモナカ(みたいなもの)と入れ物を渡して、遊んでもらいます。子供が楽しめるように声かけをおこない、最後にはビニール袋に入れ替えて持ち帰ってもらいます。その際、金魚を1匹、2匹追加プレゼントします。「金魚にもお友達が必要だよね」なんて言って。

子供たちが楽しんでもらう姿をみると、こちらのおじさんたちも俄然、やる気になります。3年前にここで金魚すくいした金魚が、家の池で大きくなっているよ、と話してくれたお母さんもいました。

 

お盆休みが終わって仕事が始まると、私の机のうえに、いろいろな地方の銘菓が置かれています。

社員の皆さんが、お土産で買ってきてくれるんですね、悪いね、心配しなくていいよ。

 

九州大分、埼玉県の秩父、これは沖縄のちんすこう、社員のみなさん、いろんなところへ行ってきたのですね。皆さんが英気を養って、また仕事に打ち込んでもらえればと思います。

これは、夏より前でしたが、有給を使ってアメリカに旅行に行ってきた女子社員からのお土産。アメリカの先住民族の言い伝えにあるドリームキャッチャーというものです。社長!夢をつかんで!と社員から叱咤激励を受けている感じです。

ついに今週こんなお土産が・・・。朝礼時に、黄色い歓声があがりました。「川中島白桃」かわなかじまはくとう・・・この響きいいですね。高級桃ブランドです。実家が桃農家の女子社員が土日にお手伝いに帰っていて、こんなお土産をくれました。ちょっと傷ついたので、JAに出荷できないという桃のようですが、どう見ても全然問題にならないような品質のものばかり。

 

私は、社員の皆さんが出張や帰省や遠方へ行く際には、よくこのように声をかけます。

「お土産いらないからねぇ~、楽しんできて~」

・・・・

????

社員の皆さんが、家族や実家を大事にして、社会人として地域と溶け込んで、(有)ペーパー・シャワーズで働いている事を堂々とまわりに言えるのなら、会社は絶対に成長していくと思います。本当に気を使わずに、お土産話しだけでいいからね。

夏の終わりに・・・

 

 

2017

08.10

8月9日(水)高校野球長野県代表の松商学園が甲子園1回戦を突破しました。30数回甲子園に出場しているにも関わらず、1回戦突破は17年ぶりとかで地元 松本は盛り上がったようです。

駅前では、新聞の号外が配られたり、井上デパート(地元唯一のデパート)では、紅白まんじゅうが150セット配られたそうです。

翌朝、松商学園の横をウォーキングする機会がありましたので、どうなっているのかなと見て回りました。松商学園の横を流れる薄川(すすきがわ)では、10日は花火大会があるので、早速場所取りしている人もいました。

松商学園の野球部の皆さんがふだん練習している運動場が見えました。昨日は学校中で盛り上がったことでしょう。さすが古豪の野球場は整備が完ぺきです。人っ子一人いません。そうです、今は早朝の6時ですから。

おや、バックネットになにか白い懸垂幕が垂れ下がっています。

もう少し近づいて見ましょう。

なになに・・・・

「知は現場にあり」

うん、唸ってしまった。運動部(いや野球部)らしからぬ、ことば。知は現場にあり。この言葉にいつも見つめられながら、松商学園の野球部員はいつも練習していたのか?

「知は現場にあり」

いい言葉ですね。当社の事業にも役立ちそうです。はっっと、思い起こさせてくれました。松商学園、ありがとう!17年ぶりの初戦突破、本当におめでとう!2回戦もがんばってください。知は現場にあり、だよね。

薄川にかかる橋の欄干には、男女睦まじい道祖神がありました。今晩の花火大会も盛大におこなわれることでしょう。

 

 

2017

07.27

7月のある休日に地域のお祭りに参加しました。私は今年、約100世帯ほどの集落の区の役員をやっている関係上、この数週間は、お祭りの準備に毎日時間を割いてきました。仕事が半分、お祭り半分の日々が続いていました。

(社員のみなさん、すみません)

獅子舞、お囃子、屋台の曳航、仕掛け花火、打上花火と伝統に則って執り行いました。しかし、その中に少しづつ新しい要素をちりばめました。これが、地域住民の皆さんにどのように評価されるのか、楽しみです。

伝統行事は、同じことを繰り返すのではなく、時代にあった変化も含めて伝統だと思います。また、地域住民および子供たちが地域に誇りを持てるようにしなければなりません。大人になったとたん、あの祭に参加するのは負担だといって、外に出て行かれるようでは、本来の祭りの意味をなしません。

恐れず変化していきましょう。

 

お祭りの後は、慰労会。若い人も参加して、地域が一体化するときですね。

会社経営においては、前年このようにやったから、今年もこうしようという発想は、進化が止まったことを意味します。常に前例を疑い、新しいことにチャレンジしていかなければ会社も自分も成長できません。

当社はそのような社員の集まりと信じています。

このお祭りには、当社社員(元社員)が4~5名ほど参加してくれました。浴衣姿で参加してくれた女性社員もいました。200km離れた町から来てくれた男性社員は、家に戻ったのは、深夜2時すぎだったとか。また、数か月前に当社を辞めたはずの元社員もなぜか来てくれました。こちらも250kmほど遠方の町からでした。お酒を一滴も飲まず、よくお祭りにきてくれました。みんなありがとう。田舎のお祭りは楽しめたかな?

 

 

 

100

2017

07.23

若大将、あんたが大将、タイショー、といろんな大将がいますが、青大将をご存知でしょうか?ついに当家にご出現。

どうやら、つばめの幼鳥を飲み込んだあとのようで、まるまるに太っていました。うごきが鈍かったので、スコップで仕留めました。30分ほど格闘したあと、やっと動かなくなりました。

全長130cmを超える大物の大将さんでした。マムシなら、地域の人でぜひ生きたまま欲しいという人がいるのですが、青大将さんでしたので、そのまま懇ろに葬送させていただきました。

チーン!

翌週、当家に当社の社員が何人か遊びにくると言っていたけど、この事実を話すべきかどうしようか?

配布員の皆さん、田舎のエリアを配るときには、青大将、マムシに足下を気をつけてお願いします。

1 / 812345...最後 »
ページ上部へ戻る