カテゴリー別アーカイブ: まかせて上田

2017

07.29

画像①  画像②

7/26日は上田の夏祭のわっしょいでした。

たくさんの連(踊り)や子供太鼓、神輿が出て祭りを盛り上げていました。

そこで、去年に引き続いて「うちわ」の配布を行いました。

画像③

当日は35度を超す猛暑と祭りの熱気で汗だくになりながらの配布でした。

NHKの放映が決定している「真田幸村」がデザインされている、うちわで非常に好評で用意した5000本のうちわがお祭りの始まりから2時間足らずで完配してしまいました。

祭りにこのような形で参加出来て、非常に楽しい配布が出来ました。

画像④   画像⑤

2017

10.24

稲がたわわにみのる秋の風物詩、かかし(案山子)の大群に出会いました。道のいたるところにかかしがあり、どうもこの地域でコンテストが開かれているようです。ポスティング中にも、どうしても気になって仕方なくカメラを向けてしまいました。

ブログ①ー1 ブログ①ー2 ブログ①ー3

どれも力作ぞろいです。中には、賞をとったかかしもありました。

しばらく進むとなんと、かかしが軽トラックの上にどっさりと積まれている・・・?まさにいま撤去作業中でした。近くにいたおじさんに話を聞くと、このかかし大会の実行委員長の方でした。「今年で10年目だよ。写真しっかりとっていってくれよ。」

ブログ①ー4

この写真のかかしのなかに一人だけ生身の人間がいます。その方が、実行委員長の方です。おじさん、どんなことでも10年続けたのはすごいよ、と感心して帰ってきました。

ブログ①ー5

2017

07.31

 近所の家を3歳の息子と配布途中、 「あ、トカゲ!」

何かと思えばポストの下にサボテンと雑草のコラボレーションで偶然出来たトカゲのような形状。

「ホントだね。よく見つけたね。」しばらく行くと今度は「目玉焼きのお花ある!」

最近、目玉焼きの美味しさに気づいた食いしん坊の息子はヒメジョオンが小さい目玉焼きに見えた様子。

大人は中々気付かない日常も、子供と一緒だと子供目線のおもしろい発見をしながら配布ができますね。

2017

06.25

松本と上田の間には険しい山岳地帯があります。今では三才山(みさやま)トンネル有料道路のおかげでスムーズに行き来できますが、昔は国道143号の青木峠を抜ける道しかありませんでした。

ポスティングの行き来に時間に余裕がある時は、この143号青木峠越えをお勧めします。

本当に面白い1時間ほどの山岳道路ドライブが楽しめます。

①まずお目見えの看板。「本当に」と念を押すところがいいじゃありませんか?でもウソでした。通行できました。こんなことで驚いていては143号青木峠越えはできません。

②次に現れたのが、夜通れば不気味なゴミ去り地蔵?青木中学校生徒の渾身の作でしょうか?こんなお地蔵さんが立っていれば確かにゴミは捨てられませんね?

③本当にゴミ捨てに困っているようですね。建設事務所も必死になって看板を立てていますが、何か文章が変?説得力がありません。チェーン着脱所と仮眠とゴミ捨てと着脱所閉鎖の関連づけに失敗しているような気がするのですけど・・・・。

④ついに出た!青木村名物!「美人多し、わき見注意」の看板。10分ほど待ちましたが、美人どころか人っこ一人歩いている人間を目撃することがありませんでした。残念。まさかタヌキやキツネに化かされているわけではないでしょうね。

ともかく、楽しい看板満載の国道143号青木峠越えに皆さんもチャレンジしてみませんか?本当に国道なのという曲がりくねった山岳道路とナニコレ珍百景看板が楽しめます。

 

2017

03.14

先日、佐久、小諸に配布に行きました。
当日は暖かく春めいた陽気でしたが、ふきのとうと福寿草を見つけました。
 
     
春はそこまで来ています。配布をしていると季節を肌で感じる事が出来ます。
また、佐久のぴんころ地蔵の周辺を配布してきました。
面白い名前なので調べてみると
健康で長生き(ぴんぴん)で大往生(ころ)が名前の由来らしいです。
6 / 6« 先頭...23456
ページ上部へ戻る