なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな

2021

01.15

皆さん、初夢は見ましたか?

1月1日の夜みる夢が初夢だとか、いやいや2日の夜みる夢が初夢だとか議論があるようですが、最近、夢を見なくなった人も多いのではないでしょうか?

昔の人は考えました。枕元に縁起のよい、七福神の宝船の絵を書き、そこにこんな和歌をしたためました。

「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」

枕の下に、この和歌を書いた和紙を敷き、眠ったようです。正月のラジオを聴いていたら、本当にこのような風習があったようで、女性ラジオパーソナリティさんの家では、毎年父親が書いてくれていたそうです。

この和歌は、大変縁起が良いといわれており、最初から読んでも最後から読んでも同じことばになる、いわゆる回文といわれるものです。

 

どうも、日本人は回るもの、丸いものに対する愛着が大きいような気がします。

大好きな花火も丸くあがります。

 

 

 

諏訪湖もまる~い、現在、3年ぶりに全面結氷されており、御神渡りが期待されています。

 

年末に見た富士山の雲も丸かった。

 

 

今年の私の「夢と目標」を模造紙に書き出してみました。過日、当社恒例の夢と目標発表会が開催されました。詳細は別途。

今年は、まあ~るく 行きましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る