2018年(平成30年)よ、さようなら!

2019

12.26

2018年の最後の1週間となりました。クリスマスが過ぎると、年末年始の行事にまっしぐらという時期になりました。

ことし1年大変お世話になりました。このブログをチェックされていらっしゃる方々にもお礼申し上げます。

振り返ってみると、私の住む長野県ではスポーツの世界では当たり年でした。若い人たちが活躍しました。

2月のピョンチャンオリンピックでは、スピードスケートの小平奈緒選手(茅野市出身)の金メダルにはじまり・・・

( ↑ 連日、新聞の一面トップを飾りました)

 

大相撲夏の名古屋場所で、まさかの木曽出身の御嶽海の初優勝。長野県じゅうが湧きました。その後、町の中で御嶽海のポスターを多くみるようになりました。

( ↑ 地元のお土産のパッケージにも御嶽海関登場)

11月になって、ついに決めてくれました。サッカーJリーグの松本山雅がJ2優勝。来年は、再びJ1という大舞台での活躍が期待されます。サポーターの行動も賞をもらうほどすごい活躍でした。

( ↑ 山雅ビール=チームカラーの緑色のビール)

その他、現在進行中としては、プロバスケットのbjリーグの信州ブレイブウォリアーズが東地区1位を独走中です。ほかにもバドミントン、マラソン、駅伝など様々なスポーツで長野県のチームや選手が注目された1年でした。

人間や組織は世間から注目を浴びると、それを栄養源にしてもっと成長する場合と、なぜかそれを頂点にして成長が止まる場合があるような気がします。

当社、有限会社ペーパー・シャワーズはどっちだろう?

注目されることによっても、ますます成長する人間、組織になっていたいものです。注目されると世間の風当たりも厳しくなりますが、それだけブランドに対する期待値が上がることを意味します。そのような鋭い視線や風をも、糧に変えてもっと上のステージへと上がっていきたいものです。

今年、当社に入社した社員(正社員、パート社員の中途入社)は、8名に上り、新しい配布員さんにいたっては数百人を超えています。また、社員の結婚や出産などのお祝い事が続きました。当社に関わって、生活が安定していいことが起きる人が多くなったような気がしています。そのような幸せを引き込む運を当社に関わる人たちにどんどんと分けてあげられるような会社でいたいと思いました。

 

(社員が産まれた赤ちゃんを連れて会社に遊びに来てくれました)

 

(車には、いつの間にか BABY IN CARのステッカーが・・・)

若い人たちが活躍して、希望が持てる会社にしていこうとぼんやりと思った2018年の年末でした。来春は、高校と大学の新卒者が数名当社に入社してくれます。希望を持って入社してくる若者に恥ずかしくない仕事をしていこう!

本年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。みなさま、平成最後の年末年始、良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る