ハチのムサシは死んだのさ(ハチと熱中症にご注意)

2020

08.07

皆様、残暑お見舞い申し上げます。

やっと8月になり、梅雨が明けた!と思ったら、もう残暑お見舞いの時期になってしまいました。近年の真夏のポスティングは、本当に過酷な労働条件になってしまいました。当社では、熱中症対策として、移動型配布員および当社社員は、11;00~15;00までのポスティングを、全面的に禁止にしている期間(当社サマータイム)があります。

早朝の涼しい時間帯や、午後3時以降にポスティングをするようにしています。

それでも朝8時でも暑いです。私も久しぶりに先日、ポスティングしました。

暑くなってくると、ボーとして私の頭の中をぐるぐるとエンドレスに流れる歌があります。

ハチのムサシは死んだのさ~、いま50代以上の方なら多分だれでも口ずさむことができる歌謡曲です。(昭和47年=1972年の紅白にも出場していた)

なぜ、この歌が頭の中を駆け巡るのだろう。

歌詞の一部を以下に引用します。

 

「ハチのムサシは死んだのさ

真っ赤に燃えてるお日様に

試合をいどんで負けたのさ

焼かれて落ちて死んだのさ

歌手;平田隆夫とセルスターズ、作詞;内田良平、作曲;平田隆夫

(引用;https://www.uta-net.com/song/3623/より一部引用)  」

 

子ども心にこの歌の意味が分からなくて、怖くて、・・・でも、みな声を合わせて歌っていた昭和の時代でした。それがフラッシュバックするのです。

このコロナ禍で一切の夜の町へ出るのを控えていましたが、先日4ケ月ぶりに取引先のお客様と行ったお店でだされたものをみて驚愕しました。(接待を伴わない夜のお店でした。すでに3週間以上経っています、念のため)

えっ!

 

何っ!

 

これ!

 

お酒の中になにかいる!

 

 

そうです、ハチのムサシが死んでいました

 

ここの女主人が、私たちのためだけにとっておきのお酒を出してくれました。わざわざ遠方からいらっしゃたお客様へとサービスで。焼酎に死んだスズメバチ?1匹のエキスが染み出しているお酒でした。もちろん、このお店のメニューにはのっていません。なじみ客だけにサービスで、だされているようです。

翌日このお酒を飲んだお客様Aさん、Bさんに感想を聞いてみました。Aさん(50代、男性)・・・「うーん、美味しかったよ。夜よく眠れました。」Bさん(20代、男性)・・・「夜、胸がかっかっつして、興奮して眠れませんでした。」

どうやら、若い男性の精力増進に効果があるようです。

ちなみに、私は1滴も飲んでいません。

私の住む伊那谷には、昔から蜂の子を食べる風習があります。土産物屋さんでもこのように高級品として売られています。遠方からいらしたお客様Aさん、Bさんもお土産として買われていました。

  

↑蜂の子の佃煮瓶詰                ↑蜂の子缶詰

さて、これから秋にかけて、ポスティング中にハチに刺されるというような事件が多発する季節です。ポストの陰や、樹木や草が多い茂ったところなどを歩く際には、十分気を付けてください。もし、ハチを見かけたり、追いかけられたりしたら、皆さんの頭の中で、「ハチのムサシが死んだのさ~」とリフレインしてみてください。

ポスティングされている皆様、くれぐれもハチと熱中症には十分気を付けてお願いします。

 

 

ページ上部へ戻る