飯田焼き肉の日(11月29日)にギネス認定式が開かれました。

2022

11.29

8月29日は、焼き肉の日でした。

11月29日は、飯田焼き肉の日です。(記念日認定委員会が認定しています)

長野県飯田市という地域は、日本でもっとも人口当たりの焼き肉店が多い町なんです。交通が不便な山国だったからこその、独特の焼き肉文化が根付いています。

そこで、11月29日です。前日の新聞にも大々的にイベントの告知がでていました。

 

飯田駅前の広場で、「飯田焼き肉の日」に、「最も長い鉄板」でギネス世界記録に挑戦するというイベントが開催されていました。なんと、11.29mの長い鉄板を使って市民皆で焼き肉を食べようというイベントでした。公式ギネス認定員も参加していました。

鉄板の重さは500kgで、40人~50人で一斉に焼き肉が味わえるというも特注品です。クラウドファンディングで寄付した人の名前が刻まれていて、イベントに招待されていました。

遠くてよくは、見えませんでしたが、ここに鉄板があり、すでに焼き肉の煙とおいしそうな匂いが会場いっぱいに漂っていました。

 

あれ~、なかに野球選手がいますね。

えっ、あれは、イチロー?

 

 

いやいや、ニッチロー(イチローものまね芸人)でした。飯田市の焼き肉大使です。

 

飯田市長とニッチローさんが、一緒に焼き肉をほおばっていました。

こどもも焼き肉大好き、こんなイベントからこどもに焼き肉文化が引き継がれていきます。

おそるべし、飯田焼き肉の日。11月29日。忘れないようにしてね。

 

 

 

ページ上部へ戻る