ポスティングの未来はいかに?

2019

07.06

当社も加盟している日本ポスティング協同組合に、フューチャー委員会なる委員会が設置されました。私もアドバイザーとして参加させていただいてます。1回目の会合では、各ブロックの委員が参加して活発な議論が交わされました。ポスティング業界の未来について、真剣に語り合う仲間がいるということは、力づよいですね。

さて、その中からネーミングの問題になり、次回の会合では、名前=ネーミングについても議論することになりました。それからは、目に入るものすべてでネーミングが目につくようになりました。

 

 

あるホームセンターで見つけた名前(撮影許可済)

モグラ・野ネズミ撃退「とおせん棒」・・・・・・・・・・・うん、分かりやすい。臭いでモグラを追い払う!というサブキャッチで一目瞭然。説明はいりません。

それでは、こちらは・・・

 

鳥獣ネコ撃退「大統領」・・・・・・・・・なぜ?大統領なの?

極め付きは・・・・

大統領のお友達のようですが・・・

 

 

「鳥追いばあさん」

もう、怖すぎます。このネーミングすごいですね。一度見たら、頭から離れません。鳥獣や猫がこれらを見て退散してもらえればいいのですが・・・。ホームセンターは、楽しいネーミングの嵐です。

 

世の中には、いろいろな商品とネーミングがあるのですね。

 

 

先日、ある都市を歩いていて見つけた看板です。

 

なになに、「素通りしたことを後悔する店」・・・・・なんのお店なんだろう。

後悔しないように、素通りしたあとに写真を撮らせてもらいました。なかなか粋なキャッチコピーを考えますね。効果のほどをお聞きしたいところでした。

 

さいごに、東武線の駅の名前です。

 

「おもちゃのまち駅」・・・・・・・本当にこんな駅が存在するんですね。昨年、出張の際に立ち寄りました。なんでも、大きなおもちゃメーカーが昔この町にあったそうです。その跡地が、おもちゃ博物館になっていました。電柱をみると、現在地「おもちゃの町1丁目」とか書いてあり、本当の町名表示なんだと納得しました。

 

さて、ポスティング業界の将来には、どのようなネーミングが必要でしょうか?あたまをぐちゃぐちゃに柔らかくして考えてみたいと思います。ポスティング業界のさらなる発展のために。

 

 

 

ページ上部へ戻る