大雨特別警報に多くの方からお気遣いいただきました!ありがとうございます。

2020

07.10

6月28日ころから、居座っている梅雨前線が活発化し、ついに7月8日(水)早朝に、長野県・岐阜県に大雨特別警報が出されました。その前週、九州は熊本県などで大きな水害がおきており、ニュースでたびたび放送されていました。

そのためか、多くの皆さんから、長野県は大丈夫か?とご心配のお電話、メールなどをいただきました。この場をお借りして、お気遣い誠にありがとうございました。お礼申し上げます。

幸い、当社および当社社員、配布員、お客様など関係者に被害はありませんでした。

私が住む長野県飯田市には、天竜川という一級河川が流れています。

普段は、こんな感じですが、・・・

   

     ↓                   ↓

     ↓                   ↓

     ↓                   ↓

   

こんなになっていました。ほぼ同じ地点からの撮影です。

地元の人の多くの脳裏をよぎったのは、昭和36年の水害でした。いわゆる「36水害(さぶろくすいがい)」と言われている大災害でした。当時、家や商店や小学校が流されて、それを機会に堤防が強化され、高台に移転がすすみました。しかし、またその水害があったところに最近は、新築の家が多く建つようになり、人気のエリアになっています。

災害が繰り返されなければいいが・・・と心配です。

ちなみに、私の家のまわりでは小規模ですが、土砂崩れが起きておりました。

日本にいる限り、自然災害はどこでも起きうることです。しかし、平時からの災害への備えはできますので、みなさんもできる限りの備えをしていきましょう。

 

ページ上部へ戻る