竜太とみどり、ひとつずつお持ち帰りでお願いします。(下條村村記❷)

2021

06.10

(つづき)

 

長野県下伊那郡下條村は、タレントの峰竜太の実家がある村です。そこにある道の駅で見つけた張り紙に書いてあるメニュー「竜太やきもち」「みどりやきもち」をテイクアウトで頼みました。

若い女性店員さんが、厨房に大きな声で取り次いでくれました。

「竜太とみどり一つずつお持ち帰りでお願いします~」

えっつ、そう言うの??そばを食べていた他のお客さんが全員顔を上げました。こっちのほうが、恥ずかしくなってしまいました。😊😘😘😘😘

しばらくして、おかもちに入った「竜太やきもち」と「みどりやきもち」がテーブルに届きました。

これが、「竜太やきもち」↓

これが、「みどりやきもち」↓

もしかして、おやき?いや昔子供のころ母親が作ってくれたおやつ?のようなものでした。

ネーミングの勝ち!という感じでしょうか?会社に帰って、配布員の皆さんと分けていただきました。いろいろな具材がはいっていて、出来立ての温かさがあり、おいしかったです。

 

 

実は、下條村には、1990年代から2010年代にかけて、アイディアマンの村長さんがいて、いろいろな先駆的な施策をしたことで有名になった村なんです。一番有名なのが、出生率を上げたということです。こんな本にも取り上げられていました。

「奇跡の村」~人口4000人の辺境の山村がなぜ全国有数の高い出生率を誇るのか?~(集英社刊)辺境の山村=下條村では、子育てしやすい村として全国的に有名になり、全国の自治体から視察が相次いだそうです。村内を車で走ると、確かに、辺境の村に似合わない?(ごめんなさい)3階建てのおしゃれなマンションタイプの集合住宅が点在しており、子育て中のファミリー層がたくさん住んでいるのが良く分かります。保育園も小学校も中学校も、たくさんの子供たちであふれています。

当社では、さまざまな業種のお客様から、子育て中のファミリー層をターゲットに、下條村の集合住宅だけチラシを配ってくれないかという要望が時々あります。

大丈夫です。

当社には、下條村の集合住宅を効率よく配れるルートがきちんと書き込まれた、地図が用意されております。当社配布員さんなら、だれでも効率よく配ることができるようになっています。このような地図(まかせてマップ)を完備しているのが、ポスティング会社のノウハウです。

 

このブログを見てくださっている方も、ぜひ、長野県下伊那郡下條村へお越しください。また、チラシ配布のご用命があれば、お気軽にフリーダイヤルへお問い合わせください。

お問合せ0120-881-986(平日10;00~17;00)

私もなにかいいことがあったときに、竜太ワインの栓を開けようと思います。

下條村をあとにして、飯田市に戻る時にこのような看板が見送ってくれています。

「峰竜太のふるさと下條村です。気を付けてお帰りください」

ありがとう、また来るよ、とついつい心の中で応えてしまいそうです。温かい村ですね。

峰竜太のふるさと下條村は、1人のタレントで売り出しているだけでなく、子育てに適した居住環境や医療補助や保育体制がととのった注目の自治体だったんですね。

そういえば、道の駅の若い女性店員さんも、そんな子育て中の奥さんだったかも知れません。楽しく働ける場所があるのも魅力ですね。このような山村地帯でも、まかせてグループでは、きちんとポスティングしております。

 

 

 

ページ上部へ戻る