突然来社された男性より、マツタケをもらいました。そんなそんないいですと言いながら手が出てしまいました!

2021

09.28

ある日のお昼時に、突然見知らぬ男性(60代?)が当社事務所へ来社されました。

男性「社長さんですか?1年前にお世話になったという息子からのお礼です、私、父ですけど、どうぞ南信濃でとれたマツタケです・・・」

私「えええええっ、あなたは誰ですか?息子さんて誰ですか?」「お世話にって何ですか?」

 

 

頭が真っ白になってその男性の話を聞きました。早口に一気に話す男性の話を総合すると、つぎのことのようです。

約1~2年前、この男性の三男さんがくるまで当社の前を通ったら、電気自動車が停まっていたので、引き返してきて、当社を訪ねてきたそうです。たまたま会社にいたので、私が対応して敷地内をちょっと一緒に乗って見せたようです。その対応に三男さんが感動して、家に帰ってから周りに話をしてくれたそうです。

 

会社に停まっていたくるまが、話題のアメリカの電気自動車だったので、大はしゃぎで話したそうです。そして、いつかお金をためて電気自動車を買うぞと言っているようです。三男さんは、就職で鹿児島へ行っているようですが、その息子さんに頼まれてお礼を言ってほしい!と言われて、お父さんが来社されたようです。

どうやら、いろんな話をお聞きすると、この男性(父)を含めて、長男、次男、三男さん、皆さんくるまが大好きなようです。お父さんもかなりの車通とお見受けしました。

私、確かにそんなことがあったような・・・気がしますが、良くは覚えていません。

時々、「あそこに停まっている車を見せてくれませんか?」という通りすがりの方がいるので、いつものようにお見せしただけだったと思います。

こんなにマツタケをもらうような特別なことをした・・・覚えはございません。

いやいや、そんなそんな・・・と言っているうちに、私の手はしっかりと伸びていました。マツタケがたわわに入った箱をもらってしまいました。

南信濃のTさん、ありがたくいただきました。特別なことをした思いはありませんが、折角訪ねてくださったので、いただきました。そして、短時間でしたが、未来の車に対して意見交換できたのは、大変楽しかったです。また、当社の前を通ることがありましたら、お気軽にお寄りください。

私は、田舎に住む者こそ、最先端の電気自動車が生活スタイルに合っていると考える者です。最寄りのガソリンスタンドへ行くのに往復30分もかかる田舎に住んでいても、電気は少なくとも自宅まで来ています。自宅で、寝ている間に充電することができます。電気自動車が田舎には合いますよね。

未来はすぐ、そこに来ています。

若い人たち、子供たちに、「あなたの未来は明るいんだよ。わくわくする未来が待っているよ。」と言えるおじさんになりたいと思っています。

 

1台の車が、知らない人どおしを結び付けて、同じ話題で盛り上がる。そして、時には、お土産までいただいてしまう・・・・、なんて。確かにこの車には、すごいパワーが宿っているんだろう!

と思える出来事でした。

(追記)

そういえば、アメリカ大リーグ エンゼルスの大谷翔平も同じ型の車に乗っていると聞いたときにも、車のパワーを感じました。そうやって、連想して自分を高めていくことにしています。

今夜は、マツタケにパワーをいただきましょう。ご馳走様です。

(パワー充電中!)

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る